プライベート感をさらに高める
上質な意匠。

上質なプライベート空間へと誘う、大きなゲートを模したモダンかつシックなエントランス。

コンセプトはシンプル&インテリジェンス。
明治以降の近代建築の雰囲気を纏った、端正で印象的なファサードデザイン。

中庭完成予想 CG※3

シンボルツリーや花台からの緑が四季折々に表情を変え、いつも身近に自然を感じられる中庭。

中庭完成予想 CG※3

MATERIAL

明治以降の近代建築をイメージさせる素材感が、本郷の歴史や文化にしっとりと馴染む風合いに。さらに、複合メッキ鋼板によるエントランスの大扉が、モダンとクラシックの美しい融合を生み出しています。

ARCHTECT

Mitsuo Ichimura

市村 光雄:東北大学建築学科/ 東北大学大学院修士課程卒。
菊竹清訓建築設計事務所、日本大学理工学部講師を経て、
1987年KAI都市・建築研究所を設立、現在に至る。

[主な代表作品]
星薬科大学医薬品科学研究所、トリオ赤坂ビル、シーアイヴィラ那須塩原Λ、
白金テラス三光坂、エルフレア駒澤ビル、
ザ・トライベッカ、シエント武蔵小杉、RESIDIA 文京本郷 Ⅳ等

クレヴィア墨田本所(2011年10月竣工)

RESIDIA 文京本郷IV(2018年1月竣工)